レイ眼科クリニック レーシック

レイ眼科クリニック

レイ眼科クリニック
レイ眼科クリニックの松本玲院長は、レーシック手術が日本で認可された当初から約10年、レーシック手術に関わってきた眼科専門医です。
あらゆる眼科疾患に対応できるように国内最高レベルの充実した診断・治療機器を揃え、レーシックだけでなく、オルソケラトロジー・白内障手術・ドライアイ・眼精疲労・緑内障治療・VDT検診・斜視手術などの手術・診療に対応しています。


レイ眼科クリニックでは、アイレーシック(iLASIK)をアレンジしたZレーシックプラスを施術しています
患者への負担が極力少なくなるようにFEMOTO LDVを使用し、層間角膜炎の発症を軽減・抑制することで、安全で質の高い治療を実現しています。

患者の家族、同伴者がガラス越しに手術風景を見学することもできるため、安心感が得られると好評です。

また、レーシック手術を受けて視力の回復が思わしくない場合は、その状態によって無料(手術後5年間)でレーザーの追加照射を行ってもらえますし、5年目以降も格安でレーザー照射を行ってもらえるので安心です。
レイ眼科クリニックは実績も経験も豊富なスタッフばかりなので、その他の眼のトラブルにも迅速に対応してもらえます。

レイ眼科クリニックでは、感染症を防ぐために業界でも最高水準レベルの安全管理を徹底していて、手術室は24時間いつでも温度・湿度が調整され、微粒子や細菌などの汚染物質が浄化されたクリーンな空気で満たされています。
また、手術機器については、専用の装置で常に衛生に保たれ、手術着や手袋などは使い捨てを採用しています。


各手術費用を調べてみました。

適応検査
5,250円

セカンドオピニオン外来
10,000円(1時間あたり)

Z−LASIK+
300,000円(両眼)

エピレーシック
300,000円(両眼)

PRK
300,000円(両眼)

オルソケラトロジー
178,500円(両眼)

手術代金には術前検査費用、手術後1年間の検診費用と手術に必要な薬代が含まれます。

レーシック関連情報