症状 再手術 レーシック

レーシックの術後の症状と再手術

レーシックでの視力回復手術はリスクも少なく安全に行われていますが、他の手術同様にトラブルもありますし、1回の視力回復手術では効果がでなかったり、合併症などによって再手術が必要な場合もあります。

そこで手術後によくある症状を紹介します。

●眼がしみる
●眼のしょぼしょぼ感
●眼にゴミが入ったような異物感
●眼のかすみ
●眼がぼやける
●近くが見えにくい感じがする
手術後は麻酔が切れるために上記のような症状がありますが、通常なら翌日までには良くなりますし、異物感などが強い場合は痛み止めを処方してもらうことで改善されます。

●手術、麻酔、洗浄液が原因の充血
●微妙な濃淡(コントラスト)の違いがつきにくくなる

目の充血は1〜2週間ほどで自然に消滅しますし、微妙な濃淡の違いは日常生活に支障をきたすことはないようです。

●見え方の質の低下が生じる
●視力の良さに眼が疲れやすくなる

見え方の質の低下は通常、半年〜1年で改善され、視力の良さで眼が疲れやすくなるのは少しずつ改善されていきます。

●夜間や暗い所では、少し見えにくい

昼間はよく見えて、夜間や暗い所では少し見えにくいと感じるのは手術後、半年ほどで改善されますが、安全のため、夜間に車を運転する場合はメガネをかけるようにしましょう。

●涙液の分泌量が減少
●眼が乾燥しやすい

手術後、約2〜3ヶ月は涙液の分泌量が減少することで、眼が乾燥し、ドライアイの症状が現れますが、一時的なもので時間とともに症状は改善されます。


が、ちゃんとした原因を調べることが必要です。

Q&A よくある質問


手術後の生活で気を付けることは?
手術後1週間程度は、眼を安全・清潔に保つ必要があるので、手術の日に渡される保護用メガネや、就寝時の保護用アイマスクをきちんと着用し、アイメイクは控えて下さい。
レーシック手術を受けてからまた悪くなった場合は?
レーシックを受けても、長時間のパソコン作業などで視力が落ちる場合があり、その場合は再手術が可能です。

しかし、人より角膜が薄い人は再手術を受けられない場合があるので、手術後はしっかりとケアをして視力をキープできるように心掛けて下さい。
レーシック手術によって見えすぎて頭痛などが生じた場合、再手術はできる?
再手術は角膜の厚みがあれば可能ですが、メガネやコンタクトを替えるように気軽に行うものではなく、リスクもあります。

だから術前にしっかり検査して、矯正量を決めることが必要になります。
レーシック手術によって見えすぎて頭痛などが生じた場合、再手術はできる?
術後の管理がよければ、再々手術でフラップをめくることは通常問題はありません。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報