失敗 レーシック

レーシックの失敗の可能性はどのくらい?

レーシックは眼に施す治療なので、失敗=失明と心配する人も多いと思います。
海外では日常的に取り扱われている治療法ですが、日本では取り入れられて間もないので、症例が少ないのが現状です。

Q&A よくある質問


レーシック手術の失敗ってあるの?
レーシック手術の失敗例は全くないというわけではありませんが、失明したりするケースはありません。

レーシック手術の失敗は主にフラップの作成がうまくいかなかったケースだそうですが、レーシック手術に失敗した場合には、追加手術で問題なく見えるようになるそうです。
レーシック手術の失敗とは何でしょうか?
一番恐ろしいのは失明ですが、今までにレーシック手術をして失明をしたと言う報告は一件もありません。

しかし、視力が思ったように回復しなかったり、元に戻ったり、夜になると光が2重3重に見えるようになるハロ現象、強い光を見た際に眩しくて像が見えにくくなるグレア現象、眼の角膜を切開するため角膜の表面部分が乾きやすくなりドライアイが発生する場合があります。
レーシックで失敗した場合はどうなるの?
今までレーシックで失明した例はありませんが、失敗した例はあります。

それは術後に思ったほど視力が回復しなかったり、合併症を引き起こしたりすることです。


失敗例@

フラップ作成時に、角膜の表面から規定より深い部分で切開してしまったため、角膜に入れた刃が水晶体にまで達してしまい、手術を受けた患者は白内障をおこしてしまった。

現場は不幸にも眼科専門医・キャリアのある眼科医が不在だったので、患者は大学病院に緊急搬送され、すぐに白内障の手術が行われたんですが完治せず、角膜移植をしなければならなくなった。

失敗例A

こちらも刃が角膜の奥深くに入ってしまったものですが、幸い角膜は消失せず、糸ですぐに縫われたんですが、使った糸が問題でした。

その糸は一般の外科手術で使用される太いシルクの糸で、患者の目はこの糸の使用のために一時的に乱視となりましたが、眼科専門医の治療によって元に戻りました。
手術は安全で失明することはないの?
レーシックで失明することはありませんが、合併症を起こすことがあります。

心配されるのはフラップ障害ですが、マイクロケラトームの進歩によって減少しています。

しかし、どんな手術でも100%安全とは言い切ることができず、ある程度のリスクがあり、医師の技術や施設の充実度によってもリスクの度合いは異なってくるので、どのような状況でも対応できるクリニックを選ぶことをオススメします。
手術の跡は残りますか?

角膜の表層部に残ることがありますが、顕微鏡で見なければ分からないくらい細かいものです。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報