老眼 レーシック

レーシックは老眼でも治療は可能?

老眼が起こる原因は眼の中央にある水晶体が加齢と共に硬直し、毛様体が引っ張っても厚みが変わらなくなり、近くの物を見る時に屈折の調整が上手く行かなくなることです。
近視や乱視・遠視は角膜から入る光の屈折が上手く行かないために起こるのに対して、この老眼は水晶体そのものの調節が上手く行かない状態です。

Q&A よくある質問

レーシックで老眼の矯正は可能ですか?
残念ですが、基本的にレーシックで老眼の矯正はできません。
近視・乱視などの屈折異常とは原因が異なりレーシック手術では老視を矯正することはできません。
ただ、老眼の人でも、近視や乱視に対しての矯正は可能です。
老眼の治療法はないの?
レーシックを受けても老眼は治りませんが、特別な治療をすることによって、改善、回復することができる可能性はあります。
それが老視矯正レーシック・モノビジョンレーシック・CKです。
老眼治療の種類は?
まず、老眼治療・白内障治療に効果的だと注目を浴びているのが、遠近両用眼内レンズです。
手術方法自体は従来の白内障手術と変わりませんが、多焦点眼内レンズが用いられるため、遠距離・中距離・近距離でもクリアな視界が期待されます。

次に片眼に近視を残しつつ、もう一方の眼を遠距離用に調整するモノビジョンレーシックがあります。
片眼で遠くを、もう片方の眼で近くを見る状態で、手術方法は通常のレーシックと同じで、レーザーでそれぞれの角膜を遠方用・近方用の形状に変えていきます。

次にエキシマレーザーという特殊なレーザーを使って、角膜中心部を遠方に、角膜周辺部を近方に合わせるように矯正する老視矯正レーシックがあります。
角膜形状を遠近両用のコンタクトレンズに似たような形にし、治療が成功すれば遠くも近くもある程度見えるようになります。

次にラジオ波と呼ばれる高周波のエネルギーによって角膜周辺部の組織(コラーゲン)を一部収縮させ角膜の屈折率を強くすることで、遠視や老眼を矯正するCKがあります。
痛みも殆どなく、手術時間は10分程度で、角膜中央部には触れず、メスやレーザーを使用しないので合併症の可能性も低く、安全性が高いとされています。
老眼治療CKを受ければ一生老眼にならないの?
老眼治療CKはあくまでも現時点で老眼の症状・近くが見づらい症状を改善・回復させるものです。 老眼は加齢と共に確実に進行するので、CKを受けていても数年後、数十年後には再び近くが見づらくなるなどの老眼症状が出る可能性は高いです。
老眼治療CK手術後、副作用などが起こる可能性ないんですか?
老眼治療CKを受けて副作用が起こる事はありませんが、夜間、車のライトが眩しく感じるハロ現象などの合併症が発症する可能性はあります。
老眼治療CK後、すぐに通常生活を送る事ができますか?
老眼治療CK後、眼に水が入らないようにしなければいけないし、軽い運動なども控えれば約1週間経過後くらいから通常生活を送れるようになります。
老眼治療CK後、どれくらいで老眼の症状が改善されるの?
個人差はありますが、多くの人は手術翌朝の起床したときに、遅くても1週間ほどで老眼が回復した実感が得られると思います。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報