乱視 レーシック

レーシックは乱視でも大丈夫?

乱視とは、物を目にした時に物が二重三重に重なって見えたり、霞んで見えたりします。
角膜の歪みがおもな原因ですが、別の事が理由の場合もあるようです。
乱視は遠視や近視と違って常にピントの合うところが無いので目が異常に疲労を感るのが特徴です。

近視とは目から入ってくる光が網膜の前で焦点を結んでしまう状態のこと。
遠視とは網膜に達していても焦点をまだ結んでいない状態のこと。
乱視とは網膜のどの部分にも焦点が合いようがない状態のこと。

乱視は正乱視と不正乱視に分けられます。
正乱視に含まれるものは直乱視・倒乱視・斜乱視で、通常言われている乱視のことで矯正が可能。
不正乱視の角膜は表面が複雑に歪んでいる為、正乱視より矯正するのが難しい。

Q&A よくある質問


乱視はなおりますか?
レーシックは乱視の矯正も可能ですが、乱視の状態によっては治療できない場合もあります。
乱視や遠視も手術できるの?
乱視も遠視も、近視と同じに屈折率の異常から起こる症状なので、レーシック手術で矯正することが基本的に可能ですが、乱視・遠視の程度によって、できない場合もあるようです。
不正乱視の場合レーシック治療はできますか?
不正乱視にとどまらず、重い乱視も治すことができます。

手術方法はイントラレーシックやエピレーシックで、今まで角膜の厚さが足りず手術ができなかった人にもレーザー技術の進歩によって手術を可能にした手術法です。
乱視を矯正する方法を教えてください。
乱視を矯正する方法には、オルソケラトロジー・フェイキックIOL・ウェーブフロントレーシック・レーシック・ラセックなどがあります。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報