視力回復 レーシック

レーシック後いつから見えるようになる?

視力回復の度合いや持続期間は、通常同じ結果となることも多いようですが、レーシックの種類によっては視界の鮮明度が違っていたり、視力回復までの期間が違ってくることもあります。

Q&A よくある質問


視力はどのくらい回復するの?
レーシック手術後、視力の改善はすぐに実感できます。

一般的にレーシック手術を受けた翌日には視力が回復しているケースが多く、1ヶ月程度でほとんどの人が視力を安定させられるようです。
手術後すぐに効果が出るの?
レーシックの手術を受けた場合、その効果は視力回復という形ですぐ現れます。

翌日にはそれまで眼鏡などで矯正しなければよく見えなかったものが、裸眼で視界が鮮明になります。
視力回復まで、どのくらいの時間がかかりますか?
個人差はありますが、術後すぐに見える人もいますし、徐々に良くなり数週間後に回復する人もいます。
手術後すぐによく見える状態になりますか?
手術当日はかなりかすんだ状態になります。

術後数週間は視力がやや不安定になったり、違和感を感じることもありますが、一時的なものなので、その症状は徐々になくなります。
回復した視力はどれくらい持続しますか?
通常は半永久的と考えられていますが、なかには近視や遠視・乱視が少し戻ってしまうケースもあります。
視力はどれくらい回復しますか?
手術前の眼の状態によりますが、約90%の方が裸眼で1.0以上の視力を回復し、ほとんどの人が希望の視力を得ています。
メガネやコンタクトレンズはいらなくなるの?
手術をしても加齢による老視の進行などでメガネやコンタクトレンズによる矯正が必要になることもあります。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報