時間 日帰り レーシック

レーシックの手術時間と日帰りは可能?

レーシックの手術時間は10分〜30分程度です。
角膜にレーザーを当てている時間で言えば数十秒ほどで、かなり短い時間での手術となりますが、病院に入ってから出るまでが30分と言うわけではありません。
手術後の検診や休憩室で安静にしている時間を含めると2〜3時間は病院にいることになりますが、入院の必要はありません。

Q&A よくある質問

手術はどのくらいの時間がかかりますか?
手術自体は片眼で5〜10分、両眼でも20分程度です。
レーザー照射時間は数分で終わりますが、その中で麻酔や消毒など手術前後の作業が多いです。
手術時間とその日は帰れますか?
レーシック手術を受ける場合には、術前検査、手術、翌日検診と最短で3日間のスケジュールが必要となります。 1日目の術前検査カウンセリングは3時間程度。
2日目の手術は検査も含めて2時間程度。
3日目の翌日検診は1時間程度。
手術後は30分程度の休息をとられた後、医師による検診を受けてから帰れます。
手術直後は近くが見えにくくなる場合がありますが、一人でも帰宅が可能な程度の見え方になっているので、翌日にはほぼ改善されます。
また、光がまぶしかったり、ぼやけた状態になりやすくなっていますが、大体1週間程度で改善され、翌日の検診後は裸眼で生活できます。
入院の必要はありますか?
術後30分〜1時間休んだ後、帰宅することができます。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報