合併症 レーシック

レーシックでの合併症

レーシックは厚生労働省の認可がおりていることから、とても安全性の高い視力回復手術の一つですが、低い割合で術後に合併症が発生することがあります。

主な合併症を紹介します。
●ドライアイ
手術後は、感染予防や炎症を抑える為の点眼が必要になり、その影響からか術後2〜3ヶ月は涙の分泌が減少するようです。
その為、ドライアイの症状なる場合が多く、涙の分泌が快復されずにドライアイになってしまうことがあります。

●感染症
角膜の上皮が完全に癒着し快復するまでの間に細菌が侵入し、感染症を起こす場合があります。
術後の処置を怠らなければ、ほとんど起こらないようですが、万が一起こって眼球が白濁しても早期治療で治療することが出来ます。

●近視への戻り
手術により一時的に視力の回復が見られても、近視の戻りが起こる場合があります。
その場合は角膜の厚みが十分あれば再手術を行うことが可能です。

●角膜上皮迷入
フラップの下に角膜上皮が挟まることで起こる合併症です。
その状態で角膜上皮の繁殖(治癒再生)が進む場合があり、その場合はフラップをめくり、入り込んだ皮を取り除く再手術が必要になります。

●層間角膜炎
フラップと角膜実質層の間で炎症が起こるもので、手術後1日〜1週間で発症します。
点眼や内服の治療で治る場合が多いものの、悪化した場合はフラップ下の洗浄が必要となります。

●角膜拡張症
レーザーで角膜を薄く削り過ぎると、眼圧によって角膜が前方に拡張する合併症も報告されています。
角膜拡張症はめったにない合併症ですが、起こると重篤です。

●ハロ・グレア
ハロ現象・グレア現象は、光の見え方に変化が起こる合併症です。
ハロ現象とは、明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見える症状です。
グレア現象とは、明るい光がまぶしく見える症状です。

●ボタンホールフラップ
フラップを作る際にめくり上げる部分に穴を開けてしまった状態で、こうなると一からフラップを作り直さなければなりません。

●フリーフラップ
蓋を作るつもりが丸ごと削ぎ落としてしまった場合に起こります。
この場合削ぎ落とした量によっては、後の応急処置でも眼球が元の状態に回復するとは限りません。

●不正乱視
フラップのズレ・しわなどのために不規則な乱視が生ずることです。
もう一度フラップをおこして、ズレ・しわを伸ばすことにより回復可能です。

●フラップ消失
フラップが極度に薄くなるなど適切にできなかった場合、そのままフラップを使用できなかったり、戻せなかったりすることがあります。
この場合はかなり強い不正乱視が生ずることが予想され、メガネ・コンタクトレンズを使用しても良い視力が出ないこともあります。


手術直後には、約半数の人がこれらの症状を訴えるようですが、通常は約半年〜1年で改善されていくようです。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報