レーシック 種類 視力回復手術

視力回復手術の種類

視力回復手術といってもさまざまな種類があるので紹介します。

視力回復手術の種類エントリー一覧

レーシックとは?
最近、よく耳にするようになったレーシック(LASIK)とは視力回復手術のことです。医学の発達で、レーザまたはカンナのような機械で、角膜の表面を薄くめくり、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで視力を矯正します。聞くだけで怖い手術だと思われがちですが、レーシックの手術は10〜20分ほどで終わり、術中・術後と傷みも少なく、術後の回復も早いので両目を同時に手術することが可能になりました。
イントラレーシックとは?
イントラレーシックとは、エキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力矯正手術の一つで、レーシックの技術を応用しています。イントラレーシックとレーシックの違いは、フラップの作成方法です。フラップとは、角膜表層部を機械で丸く切りぬいた蓋のような膜のことです。イントラレーシックでは、このフラップ作成に従来のマイクロケラトームではなく、代わりに高精度の医療レーザーを使うことで、レーシックでは対応できなかった角膜の形状が変形しているケースにも施術を受けることが可能になりました。
アイレーシック(iLASIK)とは?
iLASIK(アイレーシック)とは、従来のレーシックと比べ、ひとりひとりの目の状態にカスタマイズして行う術式で、これまでの視力回復手術の中で、すべての施術法のいいとこ取りをした最先端の治療方法がiLASIKと言われています。私たちの眼の形は、指紋に違いがあるように目にもそれぞれ個体差があり、角膜の形状や厚さ、水分量、虹彩の模様、収差が違います。
カスタムビューレーシックとは?
カスタムビューレーシックとは、カスタムビューの技術で、一人一人の眼に合わせたオーダーメイドレーシックで、角膜の高次収差を高精度な検査機器で精密にデータ解析します。同じ視力でも見え方は人によって違い、角膜のわずかな歪みが従来のレーシックでは矯正することが困難でしたが、これを可能にしたのがカスタムビューレーシックです。カスタムビューは、従来のレーシックのレーザー照射と比べると、より細かく角膜の形状を変えてピントをあわせることが可能になり、安全性と安定性に優れ、それぞれの眼にあわせて細かな歪みも矯正で...
ウェーブフロントレーシックとは?
ウェーブフロントレーシックとは、ウェーブフロントアナライザという最先端の検査機器を使って、眼球の凹凸情報や解析が難しかった細かな不正乱視までもデータ化し、視力の矯正精度を高め、見え方の質にこだわったレーシック手術です。ウェーブフロント技術を使うと、角膜の形状などによる見え方の歪みを矯正できるので、視界のボケやにじみが改善され、同じ視力でもよりくっきり見えるようになります。
エピレーシックとは?
エピレーシック(Epi−LASIK)はエキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する手術の一つで、通常のレーシックとの違いはフラップ作成をする際にエピケラトームという専用の医療器具を使うことです。エピレーシックではフラップを薄く作成できるので、角膜の厚みを十分に残すことができ、レーシックでは不適応と診断されるような角膜の薄い人や強度近視の方にも施術が可能となっています。
Zレーシックとは?
レーシックと言えば、少し前までマイクロケラトームで角膜を削るのが普通でしたが、イントラレーシックが最先端になり、次によりクリアなアイレーシック(iLASIK)になり、さらにバージョンアップしたのがZレーシックです。Zレーシックは、角膜のフラップを作るときのイントラレーザーにフェムトセカンドレーザーと言う高性能の装置を使うことで、低エネルギーでかつ高周波数での照射が行え、角膜フラップの切開面がきれいに仕上がり、手術後の回復が早く、炎症が少ないなどのメリットがあります。
ラセック(LASEK)とは?
LASEK(ラセック)は医療機関によって、ラセック、ラゼック、レーゼックと呼び方が違ってきますが、手術内容は同じです。LASEK(ラセック)とは、エキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力回復の一つで、レーシックの技術を応用した新しい手術法です。エピレーシックと同様に薄いフラップを作り、角膜を削るという方法です。
ピーアールケー(PRK)とは?
PRKとは、エキシマレーザーを使った視力回復手術の一つで、レーシックが出てくるまで視力矯正の手術と言えばPRKのことでした。PRK手術は、エキシマレーザーを照射し、屈折力を調整することでレーシックと共通点がありますが、フラップを作らないという点で違いがみられます。手術の特徴としては、フラップを作らないので強い衝撃でもフラップがずれてしまう危険がなく、レーシック手術やエピレーシックと比べて歴史が長いので、安全性の面では確かです。
CK(老眼矯正治療)とは?
老眼回復の手術と聞くと思いつくのがレーシック手術ですが、レーシック手術では老眼は治療できないそうです。しかし、2004年に認可を受けたばかりのCK(伝導性角膜形成術)と呼ばれる手術治療があります。CKは角膜を切り取るのではなく、ラジオ波を照射し、角膜周辺部の屈折率を矯正し老眼を治すという簡単な手術です。日本では認可されたばかりということで、対応する病院が少ないのが実情ですが、老眼回復手術の中心になる新しい技術のようです。

レーシック関連情報