イントラレーシック レーシック

イントラレーシックとは?

イントラレーシックとは、エキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する視力矯正手術の一つで、レーシックの技術を応用しています。

イントラレーシックとレーシックの違いは、フラップの作成方法です。
フラップとは、角膜表層部を機械で丸く切りぬいた蓋のような膜のことです。
イントラレーシックでは、このフラップ作成に従来のマイクロケラトームではなく、代わりに高精度の医療レーザーを使うことで、レーシックでは対応できなかった角膜の形状が変形しているケースにも施術を受けることが可能になりました。
治療時間の短縮、成功率や視力回復効果の向上など、レーシックを超える視力回復術として話題になっているのがイントラレーシックです。


イントラレーシックの方法としては、目に点眼薬で麻酔し、イントラレースFSレーザーを照射してフラップを作ります。
作成したフラップをめくり、エキシマレーザーを照射し、角膜の屈折力を調整してから目を洗浄・消毒してフラップを元の位置に戻して終了になります。

イントラレーシックはマイクロケラトームのレーシックと比べて術後の回復力が早く、ドライアイの発生率が低く、夜間に光がにじむことが少ないと言われています。

ただ、問題点もあります。

●フラップ作成や接着する時間がやや長くなってしまう
●レーザーを当てることで、細胞のDNAが変異してガン化するなどの不安
●イントラレーシック特有の合併症があるのではないか

などが挙げられます。


イントラレーシックを駆使して多くの成果を上げ、価格も良心的で、名前を知られているのが、品川近視クリニックと神奈川アイクリニックです。

この二つの眼科の治療費用を見てみました。

錦糸眼科

イントラレーシック  280,000円 → 特別価格:260,000円(両眼)
イントラ・カスタム・レーシック  330,000円〜370,000円 → 特別価格:280,000円(両眼)

錦糸眼科



品川近視クリニック

プレミアムイントラレーシック  92,000円(両眼)
トリプルRイントラレーシックアドバンス 158,000円前後(両眼)
コンベンショナルイントラレーシック 178,000円(両眼)
iFSオーバルイントラレーシック 188,000円(両眼)

品川近視クリニック



SBC新宿近視クリニック

プラチナイントラレーシック S-line 158,000円(両眼)
プラチナイントラレーシック アドバンス 188,000円(両眼)
iFSオーバルイントラレーシック 238,000円(両眼)

SBC新宿近視クリニック



銀座近視クリニック

iFSイントラレーシック 158、000円(両眼)
iFSイントラレーシック アドバンス 188,000円(両眼)
iFSオーバルイントラレーシック 238,000円(両眼)

銀座近視クリニック



東京近視クリニック

プラチナイントラレーシック 158,000円(両眼)
プラチナイントラレーシックアドバンスPlus 188,000円(両眼)

東京近視クリニック



イントラレーシックの費用は定番のレーシック治療法に近いと思います。
ただ、イントラレーシックが向かない人も多く治療を判断しているようです。

レーシック関連情報