カスタムビューレーシック レーシック

カスタムビューレーシックとは?

カスタムビューレーシックとは、カスタムビューの技術で、一人一人の眼に合わせたオーダーメイドレーシックで、角膜の高次収差を高精度な検査機器で精密にデータ解析します。

同じ視力でも見え方は人によって違い、角膜のわずかな歪みが従来のレーシックでは矯正することが困難でしたが、これを可能にしたのがカスタムビューレーシックです。

カスタムビューは、従来のレーシックのレーザー照射と比べると、より細かく角膜の形状を変えてピントをあわせることが可能になり、安全性と安定性に優れ、それぞれの眼にあわせて細かな歪みも矯正できるようになり、ピントのあったクリアな視力を得ることが可能になりました。
これまではレーシック手術を受けると、光がにじんで見えるハロ現象や、光がギラギラとまぶしく見えるグレア現象が強く出たりしていましたが、カスタムビューレーシックは、この問題を解決しました。

上記の文中で出てきたハロ現象・グレア現象はレーシックの一般的な合併症で、フラップが完全にくっついていない時期に光の屈折が原因でおこりますが、時間が経てば治まってきます。


カスタムビューレーシックは通常のレーシック以上に費用がかかります。
カスタムビューレーシックだけでなく、レーシック手術の費用がそれぞれ違うのは、機械の性能によって変わってきているようです。


カスタムビューレーシックは、質の高い見え方を求める方、ハロ・グレア現象を軽減したい方、日常生活でメガネやコンタクトレンズが不便に感じている方、スポーツや趣味でメガネやコンタクトレンズの装用に支障がある方、中程度の近視で角膜の厚みが十分にある方にオススメです。

レーシック関連情報