ウェーブフロントレーシック レーシック

ウェーブフロントレーシックとは?

ウェーブフロントレーシックとは、ウェーブフロントアナライザという最先端の検査機器を使って、眼球の凹凸情報や解析が難しかった細かな不正乱視までもデータ化し、視力の矯正精度を高め、見え方の質にこだわったレーシック手術です。

ウェーブフロント技術を使うと、角膜の形状などによる見え方の歪みを矯正できるので、視界のボケやにじみが改善され、同じ視力でもよりくっきり見えるようになります。
ウェーブフロントとは視力矯正手術の一つであるウェーブフロントレーシックで利用され、角膜や水晶体の収差を解析します。
また、レーシックと比較しても膜高次収差に対して解析をおこなっているウェーブフロントレーシックの方が乱視の矯正に適しています。
また、この技術はイントラレーシック、レーシック、エピレーシック、ラセックの各手術と組み合わせて行うことができるようです。


ウェーブフロントレーシックの手術方法は、目に点眼薬で麻酔し、イントラレースでフラップを作成し、エキシマレーザーを照射、屈折矯正を行い、フラップを元の位置に戻し、点眼をして終了となります。

ウェーブフロントレーシックはオーダーメイドの手術なので、レーシックよりも費用・時間ともにかかり、角膜を削る深さがかなり深くなること、フラップの存在や加齢の影響で、収差を完全にできないことなどの問題が指摘されているようです。

上記の文中で出てきた収差とは、光の波長の違いや光線がレンズを通過する角度や位置によって、光線の束の集まる位置が多少ずれる現象のことです。


ウェーブフロントレーシックの手術費用は10〜20万円が目安のようです。
安心して手術を受けるために、実績があり、責任を持った手術をし、信頼できる病院を探しましょう。
利用者の口コミを参考にしたレーシック眼科ランキングをいますぐチェック!

▼▼▼ 実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

実績・責任・信頼で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら


信頼も大切だけど、やっぱり安いほうがいい!
手術費用がリーズナブルなレーシック眼科もランキングでご紹介しています。

▼▼▼ 手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら ▼▼▼

手術費用で選ぶレーシック眼科ランキングはこちら

レーシック関連情報