エピレーシック レーシック

エピレーシックとは?

エピレーシック(Epi−LASIK)はエキシムレーザーを角膜に照射して屈折を矯正する手術の一つで、通常のレーシックとの違いはフラップ作成をする際にエピケラトームという専用の医療器具を使うことです。

エピレーシックではフラップを薄く作成できるので、角膜の厚みを十分に残すことができ、レーシックでは不適応と診断されるような角膜の薄い人や強度近視の方にも施術が可能となっています。
エピレーシックと同じように非常に薄いフラップを作成する視力回復手術としてラセックがありますが、ラセックはアルコールを使用することによる目のトラブルが考えられるためにエピレーシックの方が多く行われているようです。

エピレーシックのメリットはフラップを薄く作成することができ、角膜上皮の再生が早く、強い衝撃を受けてもフラップがズレないという特徴があり、激しいスポーツや格闘技などをする人にむいている手術のようです。


エピレーシックの手術方法は、目に点眼薬で麻酔し、固定した後は角膜上皮に印をつけ、エピケラトームを用いてレーシックより薄いフラップを作成します。
フラップをめくり、エキシマレーザーを照射し、屈折力を調整した後、目を洗浄・消毒して元の位置にフラップを戻し、保護用コンタクトレンズを装着して終了になります。


ただ、問題点もあります。

●エピレーシックを実施できる眼科クリニックが少ない
●新しい技術のため今後トラブルが発生する可能性がある

などが挙げられます。


エピレーシック(Epi−LASIK)の手術費用を調べてみました。

品川近視クリニック

178,000円(両眼)

品川近視クリニック



神戸神奈川アイクリニック

スタンダードエピレーシック 120,000円 (両眼) 70,000円(片眼)
カスタムエピレーシック 320,000円(両眼) 170,000円(片眼)

神戸神奈川アイクリニック



料金がまちまちなのは、術後に目を守るための防護用のコンタクトレンズや、術後半年の定期検診の費用、寝るとき用の眼帯など、実際の施術以外にかかる費用が含まれているのかもしれません。

レーシック関連情報