Zレーシック レーシック

Zレーシックとは?

レーシックと言えば、少し前までマイクロケラトームで角膜を削るのが普通でしたが、イントラレーシックが最先端になり、次によりクリアなアイレーシック(iLASIK)になり、さらにバージョンアップしたのがZレーシックです。

Zレーシックは、角膜のフラップを作るときのイントラレーザーにフェムトセカンドレーザーと言う高性能の装置を使うことで、低エネルギーでかつ高周波数での照射が行え、角膜フラップの切開面がきれいに仕上がり、手術後の回復が早く、炎症が少ないなどのメリットがあります。
フェムトセカンドレーザー(FSレーザー)の代表機種は世界で最もシェア広げているイントラレースですが、レーザー照射時のエネルギーが高く、周辺組織への影響が問題となっていました。
しかし、研究を積み重ねてZiemer社がレーザー照射時のエネルギーを低くし、周辺組織への影響を最小限にした新世代のFEMTO LDVを開発しました。

フラップ作成に使用するFSレーザーのほとんどをイントラレースで行っているイントラレーシックの際に、イントラレースではなく新世代フェムトセカンドレーザーFEMTO LDVを使った場合にZレーシックと呼んでいます。


Zレーシックを行っているクリニックを調べてみました。

レイ眼科クリニック(神戸三ノ宮)

レイ眼科クリニックのアイレーシック(iLASIK)では、フラップ作成にイントラレースを使用しますが、イントラレースのかわりに新世代フェムトセカンドレーザーFEMTO LDVを使います。
イントラレースにみられた角膜切開面の溶融や周囲組織を傷つけることなく、層間角膜炎の発症を軽減・抑制することができ、さらに安全で質の高い治療が可能になったのがZレーシック・プラスです。

Zレーシック・プラス 
両眼 280,000円(平日現金払いの場合270,000円)
片眼 155,000円(平日現金払いの場合150,000円)


品川近視クリニック(東京)

品川プレミアムZレーシックは、フラップの作成に世界初となるトップビューカメラ搭載のFEMTO LDVと屈折矯正には多くの実績を残しているエキシマレーザーを使用しています。
従来型のFEMTO LDVでは、レーザー照射前にカメラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、最新のFEMTO LDVは施術中も眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能になりました。

アマリスZレーシック 260,000円(両眼)
最高級アマリスZレーシック 320,000円(両眼)

品川近視クリニック



東京近視クリニック 銀座

東京近視クリニック 銀座のZレーシックではフラップの作成にトップビューカメラ搭載の「フェムトLDV」を使用、クリスタルZレーシックでは最高峰の「フェムトLDVクリスタルライン」を使用し、屈折矯正には多くの実績を残している「エキシマレーザー(アレグレットブルーライン)」を使用。
手術中も目を確認しながらフラップ作成ができるので、安全で質の高い治療が可能です。

Zレーシック 220,000円(両眼)
クリスタルZレーシック 240,000円(両眼)

東京近視クリニック 銀座

レーシック関連情報