ピーアールケー PRK レーシック

ピーアールケー(PRK)とは

PRKとは、エキシマレーザーを使った視力回復手術の一つで、レーシックが出てくるまで視力矯正の手術と言えばPRKのことでした。

PRK手術は、エキシマレーザーを照射し、屈折力を調整することでレーシックと共通点がありますが、フラップを作らないという点で違いがみられます。
手術の特徴としては、フラップを作らないので強い衝撃でもフラップがずれてしまう危険がなく、レーシック手術やエピレーシックと比べて歴史が長いので、安全性の面では確かです。
最近ではフレックスPRKという手術法が注目されています。
これは角膜上皮をより均一に取り除くという方法で、手術後に遠視化してしまうリスクが少ないことが特徴として挙げられています。


PRKの手術方法は、目に点眼薬で麻酔し、角膜表面の角膜上皮をエキシマレーザーで照射して取り除きます。
むき出しになった角膜中心部にエキシマレーザーを照射して屈折力を調整したあと、目を洗浄・消毒してから保護用のコンタクトレンズを装着して終了になります。

PRK手術は厚生労働省が認めたレーザー手術ですが、神経の多い角膜上皮を一時的に損失してしまうので、他の手術よりも長く痛みが出て、保護用のコンタクトレンズを回復するまで手放せないことや、レーシックと違って両目を一度に手術することができず、期間をあけて片目ずつの手術になるのが欠点です。


PRKの手術費用を調べてみました。

神戸神奈川アイクリニック

スタンダードラセック 120,000円 (両眼) 70,000円(片眼)
カスタムラセック 320,000円 (両眼) 17,000円(片眼)

神戸神奈川アイクリニック



レイ眼科クリニック

両眼 280,000円(平日現金払いの場合270,000円)
片眼 155,000円(平日現金払いの場合150,000円)


手術の前後で必ず診療・検査などが必要になりますが、これらの費用が手術代に含まれている場合と含まれていない場合があるので確認しておくといいでしょう。

レーシック関連情報